コウノ アスヤ(です。

毎年言ってる気がしますが、今年も言わせてください。「今年の夏は暑すぎる」

僕はコーヒーが好きなので、仕事をしている時やゲームをしている時に、カフェのコーヒーやコンビニコーヒー、缶コーヒーなどを満遍なく好んで飲んでいます。そんな中で、いや、そんな猛暑のなかでふと、「水出しコーヒー」が簡単に作れるボトルが、ブルーボトルコーヒーから発売されるらしいという情報を小耳に挟みました。

水出しコーヒー…ごくり。

いてもたってもいられなくなったので、ブルーボトルコーヒー 青山カフェに直行して買ってきました「COLD BREW BOTTLE

水出しコーヒーとは

普通のアイスコーヒーは、挽いた豆からお湯で抽出した熱いコーヒーを氷などで冷やして作るもの。それに対して水出しコーヒーは、挽いた豆を水に浸して、一晩かけてゆっくり抽出して作るものです。

長い時間をかけてゆっくり抽出するので、

1.雑味が出にくく、すっきりした味になる
2.香りが逃げにくく、風味が出やすい

といった特徴が出るらしく、(熱抽出よりも)コーヒー豆本来の味と香りが楽しめるということらしいです。

ブルーボトルコーヒー 青山カフェに買いに行ってきた。

お店に向かった7月10日は偶然にも、「COLD BREW BOTTLE」の発売記念イベントをやっていて、バリスタのお兄さんが水出しコーヒーの特徴や入れ方のコツなどをレクチャーするイベントが開催されていました。ちゃっかり参加。

青山店のクソオシャレな店内。コンクリートの無機質な感じが良い。超オシャレな店内。コンクリートの無機質な感じが良い。
店内の隅っこで控えめに開催されていたレクチャーイベント。店内の隅っこで控えめに開催されていたレクチャーイベント。

店内の隅っこで、(おそらく)バリスタのお兄さんによる商品紹介と水出しアイスコーヒーのレクチャーが始まります。「水出しコーヒーとは」「最適な挽き方は?」「保存方法は?」などなど、いろいろな知識をレクチャーしてもらいました。その後、隣のお姉さんにボトルの材質や手入れ方法などを質問しつつ、購入したのがこちら。

コールドブリュースターターキット(ボトル、ミル、豆のセット)は¥8,000(税抜)コールドブリュースターターキット(ボトル、ミル、豆のセット)は¥8,000(税抜)

コーヒーミルは既に持っているので、ボトルと豆だけを購入。豆は、普段アイスコーヒーは出さないことで有名なブルーボトルが、珍しくアイスコーヒー用にブレンドしたというスリーアフリカンズというものを購入しました。ボトルは単品なら¥2,800です。

ちなみにこのボトル、世界的に有名な日本のガラスメーカー「HARIO」とコラボしたモデルで、まったく同じ機能・デザインのものがHARIOからも発売されていますが、こちらは¥2,500。そう、ブルーボトルのロゴだけで300円値上がりするんですw。でも、そこはご愛嬌。むしろそのオシャレ感に金を出すのがミソ。

水出しコーヒーを作ってみた

cbb04
実は、この記事を書く前に何度かこのボトルを使ってアイスコーヒーを作ったんですが、美味しすぎて速攻でスリーアフリカンズが終了してしまっていたので、今回新たに豆を買いにブルーボトルコーヒー 新宿カフェまで出向いた次第です。

そしたら、なんとスリーアフリカンズが売り切れていたので仕方なくエチオピアを購入。これでもアイスコーヒーにオススメだそうです。

本当はスリーアフリカンズが良かったけど、売り切れていたのでエチオピアを購入。本当はスリーアフリカンズが良かったけど、売り切れていたのでエチオピアを購入。
シングルオリジンの豆の中でも、アイスコーヒーにオススメだと言われて購入したエチオピア。シングルオリジンの豆の中でも、アイスコーヒーにオススメだと言われて購入したエチオピア。

この、豆の袋を開封して少し振った時の香りが大好きです。香ばしくて芳しい。

こいつを、ハリオの「コーヒーミル・セラミックスリム」でゴリゴリと挽いていきます。一度の抽出で必要な豆の量は55g。これで750mlのアイスコーヒーを作ることができます。

HARIO「コーヒーミル・セラミックスリム」¥3,000HARIO「コーヒーミル・セラミックスリム」¥3,000

ここで気づいたんですが、55gもの豆を手動ミルで挽くのはなかなか骨が折れる!。腕がくたくた。電動ミルが欲しい。

豆を受けるストレーナー部分は、そそぎ口の部分と一体化している。豆を受けるストレーナー部分は、そそぎ口の部分と一体化している。

ちなみにこの「COLD BREW BOTTLE」、ヘッドの部分はシリコンゴム製になっていて、取り外しが楽チンです。引っ張るだけ。一応、倒しても中身が漏れることはありません。

取り外し可能なストレーナー部分。水洗いできて手入れも楽チン。取り外し可能なストレーナー部分。水洗いできて手入れも楽チン。

挽いた豆は、「COLD BREW BOTTLE」のストレーナー部分に投入。ここから水分だけが通過してアイスコーヒーができあがっていく形になります。

水の中に豆を投入し、すこし揺らして馴染ませた状態。水の中に豆を投入し、すこし揺らして馴染ませた状態。

だいたいは、夜のうちに仕込んでおいて、次の日の朝に飲んだり、小さいボトルに詰め替えて会社に持って行くなどしています。

完成!お味は?

8時間の抽出時間を経て出来上がったアイスコーヒーがこちら。

8時間かけて抽出した状態。とても黒い。8時間かけて抽出した状態。とても黒い。

うーん、とってもアイスコーヒー。

アイスコーヒーが入ると、ブルーボトルのロゴがしっかり映えます。これ重要。アイスコーヒーが入ると、ブルーボトルのロゴがしっかり映えます。これ重要。

写真では真っ黒に見えますが、本当はもうちょっと茶色いです。あ、8時間経ったら、豆は出しましょう。長いこと抽出しすぎると雑味が増えるそうです。

さぁ、お気に入りのグラスに氷を入れて、一気に注ぐ!

ワインボトルのような形状なので、どんなタイプのカップにも注ぎやすいことでしょう。ワインボトルのような形状なので、どんなタイプのカップにも注ぎやすいことでしょう。

気分を高めるために、意味もなく蓋をしてストローを差し込みます。

氷と一緒になると、綺麗な茶色が映えます。氷と一緒になると、綺麗な茶色が映える。

美味い。

プロのバリスタじゃないので、細かい味の差異は不明ですが、雑味が少ない気がするし、風味も強い気がする。なにより、自分で豆を選んで、挽いて、8時間まって作る水出しコーヒーは美味しく感じるに決まっています。

この一連の抽出工程を楽しむこともとても重要なのかも。

まだまだ熱いこの夏のお供に、皆さんもぜひ¥2,800で快適なアイスコーヒーライフをもたらしましょう!