コウノ アスヤ(です。

いつも、絶えずイヤホンで音楽を聞いている身としては「ていうかヘッドホン欲しくね?」と思ってしまう季節ですね。(寒くなってきましたね、の意)

とはいえ、ひとえにヘッドホンといってもデザインと機能はピンキリ。もはやファッションの一部ともいえるアイテムなので、サクッと決められないのもまた事実。

そんなおり、友人の紹介でとあるヘッドホンを提供していただけることになったのですが、これが最高に最高だったのでご紹介します。

Satechi Aluminum Wireless Headphones

satechi-hp02

これがそのヘッドホン。Satechiさんのアルミニウムワイヤレスヘッドホンです。Satechiさんは、米国カリフォルニア、サンディエゴに本社を備えるメーカー。ヘッドホンだけでなく、デジタルガジェットやその周辺機器を多く作られているブランドで、このヘッドホンもそのうちのひとつ。

SATECHI製品には圧倒的統一感があるSatechi製品には圧倒的統一感がある

洗練されたデザイン

まずは外箱から。

satechi-hp04

Apple製品と揃えたカラーバリエーションをあしらったシンプルな外箱。

satechi-hp05

外国のメーカーなので説明書きも英語(なんとなく優越感)

satechi-hp06

開封!内容物は「本体」「有線ケーブル」「充電ケーブル(MicroUSB)」となってます。

このメーカーの魅力はなんといっても、どの洗練されたデザインと、連携するガジェット同士がとても自然に馴染むデザイン。素材感から細部の仕上げ、カラーバリエーションまでしっかり合わせてきて、こりゃ職人技だなと関心している次第です。

取り出す前からわかる、エッジの面取りの美しさ。取り出す前からわかる、エッジの面取りの美しさ。

今回提供していただいたヘッドホンも、まず単体としてめっちゃデザインがかっこいい。シンプルかつ高級感がってスマート。色味や素材感もAppleの製品ととても近くて、Apple好きとしては堪らんものがります。

各部ボタン

satechi-hp08

本体についているボタンは三つ。ワイヤレス対応なので電源on/off(Bluetoothペアリング接続)ボタン、そして+ボタンと−ボタンです。±ボタンは、短く押すと曲の巻き戻しorスキップ、長押しで音量調節といった感じ。このあたりは、最近よくある感じなのですんなり受け入れられました。

ワイヤレス、有線どちらでも

satechi-hp09

おっ、と思ったのはワイヤレス対応しているのと同時に有線接続もしっかり対応しているところ。時代の流れ的にワイヤレスなのは嬉しいですが、やっぱり人が多いところとか家など場合によっては有線で使いたいこともあります。コードにはちゃんとボタンが別についていて、こちらでも本体のボタンと同じ操作をすることが可能になってます、抜け目無い。

ちなみに、有線接続中は本体のボタンは使用不能なのでご注意を。

コンパクトで取り回しやすい

satechi-hp10

画像やその存在感から、サイズを大きく感じてしまいがちですが実は以外とコンパクト。ワイヤレス対応な時点で屋外使用を考慮されているはずなので、まぁ納得なのですが、このサイズ感が絶妙で良し。さっと外してバックパックに入れやすいようになっているのも嬉しい。

中低音が得意、高音の伸びはそれなり

satechi-hp11

値段やサイズを考えると、そこまで良い音質は求めてはいけないものなのかなと思いながらいろいろなジャンルの曲を聞いてみましたが、びっくり。音質、めっちゃ良いやんww

中低音が篭ることなくクリアに聞こえつつ、高音もしっかりとカバーできていて、いわゆるとても「オーソドックス」で「万能タイプ」な音質になっている気がします。高級ヘッドホンなどと比べると、全体的な音の繊細感はさすがにかないませんが、コストパフォーマンスを考えると文句なしです。

ていうか、こういうヘッドホンって音質よりデザイン重視だったりするし。笑

コンパクトな分、挟圧は強め

僕の頭が巨大なことと、ヘッドホン自体のサイズが小さいこともあって、1時間くらいで頭の両サイドが痛くなってきます。普通サイズの頭の持ち主ならもう少し大丈夫だとは思いますが(2〜3時間くらい?)どちらにせよ、キツめのサイズ感なのでそこはご注意ください。ずーっと長時間使う感じではなく、移動時間や空いた時間にさっと頭にかけて使う感じがベストかな、と。

他の製品もおすすめ

satechi-hp12

ヘッドホンだけじゃなく、他の製品もデザインが綺麗でApple製品とバチっとあうものが多いので、興味を持っていただいたならぜひ他の製品も見ていただきたいです。直近だと、ヘッドホンのせいでSatechiさんを好きになってしまって、USB-Cハブを買ってしまいました。ここは、揃えればそろえるほどアイテム間のデザインが統一されていくので、一式Satechiさんで揃えていきたいところですね!

Satechi