これは…買いだろ…!

今日も超ゲームウォーカーを見に来てくださってありがとうございます。デレマス「Star!」のフルが良すぎてエンドレスリピートなコウノ アスヤ(です。

さて、皆さん。ALTO’S ADVENTUREがついにリリースされましたね!Monument Valleyライクなグラフィックと美しい音楽が話題になっていた本作。さっそくダウンロードして遊び倒したので、簡単なレビューがてら紹介しようと思います!暇つぶしになる簡単なゲームを探している方、MonumentValleyのような美しく気持ち良いゲームを探している方。その両方にオススメできるゲームです!

どんなゲーム?

ALTO’S ADVENTUREは、カナダのインディーゲームスタジオSnowmanによる、自動走行型の横スクロールジャンプゲーム。主人公ALTOを操作し、逃げた家畜のリャマ達をスノーボードで追いかけるというシンプルな物語です。見た目は全然違いますが、一昔前に流行ったチャリ走をイメージしてもらえると近いかも。

風ノ旅ビトMonument Valleyライクなルックスは、若干トレンドをナゾッた感じがありますが、ただナゾッただけになっていないのが本作。一度遊んでみると、思わず見とれてしまう程の光の表現の美しさと、非常に高揚感のあるミュージックに驚かされます。感動させられます。

ルールと操作は超シンプル!

ALTO’S ADVENTUREのルールと操作はとてもシンプルで簡単です。ALTOが右に滑り続けるから、タップでジャンプして障害物を避ける。

これだけ。

ALTOは自動で進んでいくので、道中に配置されているコインをとったり、リャマを回収したり、バックフリップを決めてスコアを稼ぎながらできるだけ長く走り続けましょう。

操作はシンプル!

ちなみに、ジャンプした時にそのまま長押しすると、ALTOは空中でバックフリップ(後ろ宙返り)を始めます。これが決まると着地の時にスピードアップができるので、なるべく狙って行きましょう。ただし、回転の途中で背中から落ちたりするとゲームオーバーです。現在のスピードや、ジャンプ先の地形を考慮しながら、狙ったり、狙わなかったりすると楽しい。

リャマ!コイン!ジャンプ!見計らって〜…バックフリップ!(以下、繰り返し)

天候の変化が美しい

ただでさえグラフィックがきれいなのに、なんとこのゲームは遊んでいると時間が経過し、天候も変化します。

こんな感じで夜になったり…

天候は夜に

雨が降ったり…

雨が降ったり…

そして夜が明ける…

また夜が明ける!

この変化によって変わる光の表現がとても秀逸で、おもわず見とれてしまってミスしてしまうほど。主人公やリャマの動きもキュートで可愛い。ちなみにグラフィックの担当はデザイナーのHarry Nesbittさん。いい仕事するわー

聞き惚れる!壮大かつ美しい音楽

01:20ぐらいから。プレイ中に流れる音楽はたった一曲なんですが、この一曲がとても素晴らしい。始めてプレイした時、チュートリアルが終わると同時に音楽がかかった瞬間、一発でやられました。ちなみに、効果音も豪華すぎずさり気なく綺麗で素晴らしい。音楽を担当したのはKpow Audioさん。
サントラ早く出してくれ。

ちなみに、雪滑り×壮大な音楽と聞くと、細田守の「おおかみこどもの雨と雪」のワンシーンを思い出しました。
どことなく似てる気がする。

気軽に遊べる。何度でも遊べる。

時間制限は無く、リプレイありきの繰り返しゲーです。なのでゲームが得意じゃない人も、そこまで気負わず、美しいビジュアルを長めながら楽しめると思います。しかし、本気で取り組むとそれなりに奥が深いので、ゲームが得意な人はハイスコアを追求する遊び方もできますね。

集めたコインを使って様々なアイテムが買えたり

様々なアイテムも

トータルで1,500メートル走れ!」とか「1回の走りで3回バックフリップ!」みたいなトロフィーのようなものもあります。それを達成していくとレベルが上がり、操作可能キャラクターが増えていくらしい。

操作キャラクターは増えていく

グラフィックが見慣れてきてミスしなくなったら、このあたりのやりこみ要素も楽しめそうですね〜!

App Storeで配信中!

早くも神ゲー感が漂うALTO’S ADVENTUREですが、このクオリティでなんと¥200(笑)
Monument Valleyといい…なんでこの種のゲームはこんなに安いんだろう…?おそらくもう少ししたら流行りだして色んな人が遊び始めるであろうこのゲーム。一足先にダウンロードして、その美しいグラフィックと音楽、簡単で楽しいゲーム性を味わってみてはいかがでしょうかー!

Alto's Adventure

360円
(2016.01.11時点)

 App Store

posted with ポチレバ

公式サイト