今日も超ゲームウォーカーにお越しくださりありがとうございます。コウノ アスヤ(です。

Nintendo Swtichが発売されて早3ヶ月。実際に購入し、使い続けて初めてわかる、遊ぶ場所を選ばないという革命性。外では携帯モードで、家ではテレビで、眠くなったらベッドの上で…。あぁ、なんて快適なんだ!ゲームを遊ぶ時間が増えた!沸き起こる感謝の念と、他のゲーム機もこうなればいいのにという無邪気な願望。

そんな事を思いながら日々を過ごしていたところ、インフルエンサープラットフォーム「drip」を経由して「AndApp」というサービスの存在を知ることに。このサービス、僕たちが普段「スマホゲー」として遊んでいるあんなゲームやこんなゲームが、PCで遊べるという代物なんだそうで!そ、それってつまり…NintendoSwitch的に遊べるってことですか!?

drip

AndApp(あんどあっぷ)

AndAppのPC版トップページ。様々な”スマホゲー”タイトルが並ぶ。

AndAppは、DeNAが提供するウェブサービス&PCアプリケーション。各社がスマホ向けに配信しているソーシャルゲーム等が、PC上で遊べるように最適化・配信されています。そう、PCでスマホのゲームが遊べるんです!

データを共有して両プラットフォームで遊べる!

デバイスを跨いでセーブデータを共有できる。

しかも目玉なのは、アカウントをしっかり引き継げば、複数の端末でセーブデータを共有できるということ!つまり、通勤・通学中はスマホで、家ではAndApp版で、というような遊び方ができる!最近のスマホゲームはビジュアルも美麗で凝ってるものが多いので、大きな画面で遊べるのは素直に嬉しいですね。

なお、2つ目以降のプラットフォームで遊ぶ時は、必ず「データを引き継ぎ」や「データを復帰」を選択してアカウント連携をしないと、それぞれ新しくゲームが始まってしまうので注意です。

もちろん、AndApp版だけで遊び続けることも可能です。「スマホがない」「データ通信料が気になる」みたいな方は、家のWi-fi環境の元で、優雅にAndApp版で遊ぶのが良いでしょう。

遊ぶ方法は3種類

AndAppでスマホゲームを遊ぶ場合、「PCブラウザ」「Chrome Apps」「PCアプリ」の3種類のうちのどれかで遊ぶことになります。各ゲームタイトルの隅っこに、どの方法で遊ぶことができるのかが表示してあるのでまずはそこをチェック。

各ゲーム毎に、遊べる環境が明記してある。

それぞれの方法で、若干やり方が異なるので詳しく説明していきますね。

Webブラウザ

「Webブラウザ」は、PLAY NOWをクリックすると即座に遊べる。

ゲームの詳細画面から「PLAY NOW」をクリックすると、ブラウザ上でいきなりゲームが始まり、そのままプレイできます。あくまで「ブラウザ版」なので、動きや表現には制限が見られますが、インストール不要なのでもっとも手軽に遊べるのが利点ですね!

Chrome Apps

僕、これけっこう一番驚いたんですが、なんとGoogle ChromeのWebAppとしてアプリを動かすやり方。

Chrome Appsの場合は、PLAY NOWボタンを押すとChromeウェブストアに画面が遷移する。

PLAY NOWボタンを押すとChromeウェブストアに遷移するので、「CHROMEに追加」をクリックしてインストール。

拡張機能をインストールするかのように、1クリックで完了する手軽さ。

すると、Chromeのアプリ一覧に追加されます。

Chromeのアプリ一覧に格納される。以降はここから起動して遊ぶかたち。

これをクリックするとブラウザ上でゲーム開始!これも、一度インストールすると、あとは気軽にゲームを始めることが可能です。

Webブラウザ、Chrome Apps、ともにゲーム画面はこのような感じになります。

「Webブラウザ」「Chrome Apps」は、スマホ版の縦画面がブラウザ上に再現された形になる。

スマホの縦画面をなんとかブラウザに当てはめた感じですかね。PCのモニタサイズによっては若干見にくいですが、まぁ仕方ないかなと思います。ゲームに横画面がないものは、こうする以外に方法がないですしね。

PCアプリ

3つ目は、PCに「AndApp」のアプリをインストールし、そこからゲームを探したり、起動して遊んだりできるようにするやり方。イメージはSteamクライアントに近いです。この方法は対応しているゲームが一番多く、これがAndAppの本気なのではと感じます。おそらく、すべてのゲームをアプリ対応にしたと思っていることでしょう。

しかし、残念ながらAndAppのPCアプリは現在Windowsにしか対応しておらず、Macでは遊ぶことができません。

が!今回は強引に知人にWindowsを借りて試してみました!持つべきものは友!遊ぶゲームは「幻獣契約クリプトラクト」をチョイスして、いざ。

どの方法でも、まずはPLAY NOWをクリックするところから始まる。実にシンプル。

Windows環境なら、PLAY NOWボタンをクリックすると、このようなポップアップが出現するので、AndAppのアプリをダウンロードしましょう。

AndAppのPCアプリを持っていない場合は、最初にアプリをダウンロードする必要がある。(左)

完了すると、引き続き該当のゲームのインストールが始まります。ショートカットを作成にチェックを入れておくと、デスクトップにショートカットが作成されます。便利です。

AndAppアプリ上で、各ゲームをインストールするかたち。

インストールが完了したら、ゲームを起動!こんな感じでゲームが始まります。

PCアプリでゲームを起動すると、限りなく本来のゲームに近いかたちで遊ぶことができる。

近い!スマホ版に近い!っていうか、そのまま!

スマホ版そのままのゲームが起動するため、操作はマウスで行うことになる。

いい感じです。スマホ版のゲームがそのまま、PC上で動いてる感じ。操作は、指でタップするようにマウスでクリックするかたちになります。これはこれで、迷う必要がなくていいですね。スマホより大きな画面で、同じゲームを遊べる喜びを噛み締めましょう。

ちなみにPCアプリでは各ゲームのページが用意されていて、「公式ツイッター」「検索結果」「youtubeチャンネル」などが串刺しで閲覧可能です。これは遊びながら情報収集や盛り上がりを確認できて便利ですね!

該当ゲームのページでは、各種SNS等の情報を串刺しで表示できる。

RPGツクールMVのゲームも!

さらにさらに、最近になってRPGツクールMVで作られたフリーゲームもAndApp上で遊べるようになりました。いままで、Macだった人がWindows向けのツクールゲームを遊べなかったりしましたが、これらはブラウザですぐに遊べるのでめちゃくちゃ手軽!

根強い人気を誇るフリーゲーム「ゆめにっき」などラインナップは堅実。

「青鬼」「ゆめにっき」など、フリーゲームとしては有名な作品も網羅されており、こちらもどんどんんタイトルは増えていくようです。

ChromeCast + デュアルショック4でテレビゲームの様に遊ぶ!

これはちょっと裏技なんですが、AndAppのアプリをWindowsで走らせながら、デスクトップ画面全体をChrome Castでテレビにキャストすると、こんな感じでテレビに映像を出力して遊べます。

Chrome Castを使うと、PCの画面全体をテレビにキャストできる。

これだけでもテレビゲームみたいに遊べて楽しいんですが、僕はさらにPS4のコントローラーであるデュアルショック4をPCにペアリング。そして、ゲームパッドの操作をマウス操作に変換してくれるソフトウェアJoyToKeyを使って、デュアルショック4で遊んでます。これ、まじで普通にテレビゲーム化するので結構おすすめです。

ゲームパッドを使って、さながらテレビゲームの様に遊ぶ快感。

ちなみにMacならJoystick Mapperで同じようなことができます。

まだタイトルは少ないが、今後に期待大!

ソフトのラインナップはDeNAのゲームだけではなく、大手から中小まで様々なメーカーのゲームが並んでいます。まだお世辞にもラインナップが潤っているとは言えませんが、そこはまだまだ開始されたばかりのサービスなのでご愛嬌。ここ数か月でも徐々にタイトルが増えてきているようなので、今後に期待大!

外でも家でもスマホゲーを遊びまくっているような方、せっかくだったら家では大きな画面で遊びたい方、そんな人にはぜひ体験してもらいたいサービスです。

P.S.遊びたいゲームは、フォームよりお願いすると運営の方が全力を尽くしてくれるそうなので、それに願いを込めて一言「FATEGOオナシャース!」

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただいた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。

drip
drip