コウノ アスヤ(です。

今年の3月に発売されてからというもの、次々と新たなカラーが追加されていくNintendoSwitchのコントローラーJoy-Con

僕は当初から、Joy-Conのカラーバリエーションは全部買うぞオラァ!と心に決めていたので、気が付いた時にはあれよあれよと5色のJoy-Conが手元にある形になってしまいました。

そんな僕の最大の課題にして永遠の命題。それは増えていくJoy-Conをどうやって保管・充電すればいいのかということです。

ただでさえ今は本体に装着する以外に充電方法がないのに、3つ目以降はそもそも充電して保管しておく方法がないんです!せっかくカラーバリエーションがあるのだから、持ち運ぶとき気分に合わせて付け替えたり、家で遊んでいても充電が切れたら別のJoy-Conに付け替えて永遠に遊び続けたりしたい!

そんな事を考えていたら、もう、これ意外にないくらい丁度良いアイテムがHORIから発売されました。Joy-Con複数持ちユーザーのための、最高の充電スタンド。4つのJoy-Conを同時に充電しながらスタンドでき、しかもライセンス商品だから安全かつ本体とのデザイン的親和性も高いという優れものです!

Joy-Con充電スタンド for Nintendo Switch

ゲーム周辺機器メーカーHORI。彼らのつくる周辺機器は公式ライセンスをしっかりと取得したものが多い。この充電スタンドももちろんライセンス商品なので、まるで純正製品のような出で立ち。安心感があります。

そしてこの鮮やかなレッドのロゴが公式ライセンスの証。

開封。

内容物はどシンプルに本体だけ。必要最低限のボディが本体ドッグのようで美しいです。

本体にもしっかりとSwitchのロゴ。周辺機器はゲーム機ありきなんだから、やっぱりこうでなくっちゃね。

4色のJoy-Conを装着。Switch本体のように「カチッ」とハマる場所はないので、片手で簡単に脱着できます。以外とカタいんですよね、あれ。

本体上部には1~4の数字と共に充電ランプが備わってます。

充電中のJoy-Conはランプが赤く光ります。わかりやすいですね。

充電時間は1~2台で約3.5時間、3~4台で約7時間。どれだけ遊んでも寝る前にしっかりここに差し込んでおけば、朝にはすべてのJoy-Conの充電が終わります。

電源の供給がUSBケーブルなので、僕は本体背面のUSB端子につないでドックの隣に設置してます。ゲームを遊んでいて、もしJoy-Conの充電が切れても、ここからサッと付け替えてゲーム続行。外に出かける時もここからその日のカラーへサクっと換装。いやぁ、快適です。