本日も超ゲームウォーカーにお越しくださり、ありがとうございます。コウノ アスヤ(です。

スプラトゥーンはその独特で最高にイカす世界観も魅力のうちの一つですが、ゲーム内で多くが語られないせいもあってか、明確なストーリーというものがありません

が、唯一「ヒーローモード」で収集できる「ミステリーファイル」によって、断片的にあの世界の情報が与えられているので、今回はそこからわかる情報を整理して、スプラトゥーンの世界の理解をより確かなものにしていきたいと思います!

西暦2xxx年

ミステリーファイル No.25ミステリーファイル No.25

環境破壊や温暖化の影響か、異常な海面上昇の危機に陥る地球。とある博士は、学会にてその危険性を訴るが、誰にも信じてもらえずに嘆く。ジャッジと名づけた飼い猫を愛していた博士は、迷いながら彼をタイムカプセルに入れ、1万年後に目覚めるように設定する。

「学会で海面上昇の危機を叫ぶも ダレも信じようとしない。このままでは人類の文明はすべて 深き海のそこに沈むであろうに 何もしらないこの子(ジャッジ君)も 生みの藻屑と 消え行く運命なのだろうか」 – ミステリーファイル No.25

ミステリーファイル No.27ミステリーファイル No.27

「おお、愛するジャッジよ。ついにこの日がやってきてしまった。このカプセルは遠く10000年の先まで決して開くことはない。だが、それが本当におまえの幸せなのだろうか?私にはもうわからない…」 – ミステリーファイル No.27

人類滅亡〜軟体世紀の始まり

軟体世紀の始まりミステリーファイル No.10

博士の訴えは功を奏さず、海面上昇によって地上の生物は息絶えてしまう。海の生物、そして空を飛ぶ生物が生き残り、エビ、クラゲ、イソギンチャクなど、手や足・触手がある海の生物は地上へ生活圏を移しながら進化していく。
イカとタコが多く繁栄したために、彼らは自らの時代を軟体世紀と名付ける。

海面上昇により地上の生物は息絶え、誰もいなくなった大地にイカの始祖はその10本足を踏み入れる。こうして軟体世紀は幕を開ける。 – ミステリーファイル No.10

14歳でヒト型に変身できるようになる

イカの進化は目覚ましく、イカ年齢で14歳になると、完全なヒト型に変身する事ができるようになる。加えて、体液が「空気に触れてしばらくすると消えてしまう、色が変わる特殊なインクのようなもの」に変化し、その影響で身体の浸透圧が変化して水に溶けてしまうようになる。
ミステリーファイルによると、スプラトゥーンの世界ではかつてヒトという生き物がいた事は判明しているようである。

オクタリアンの生態ミステリーファイル No.09

反面、タコは高い知能を用いてイカよりも高度な技術を会得し、様々なマシンを生み出すようになる。そしてタコの中にも、ヒト型に変身する事ができる個体も存在した。

オクタリアンの中にも、ヒト型に擬態できるものがいる。運動能力に優れ、非常に好戦的。階級が高いものは頭にワカメをつけている。その怪しげな瞳な何を考えているのか?何も考えてはいないのか? – ミステリーファイル No.09

ジャッジ君の目覚め

ジャッジ君

博士が封印したタイムカプセルが1万年の時を経て解放され、ジャッジ君が目覚める。軟体世紀では唯一の哺乳類であり、魚類を捕獲・食べることが可能なため、イカ達は彼に尊敬と畏怖を抱く。そして、彼はここからスプラトゥーンの時代まで2000年以上を生きることになる。

最古のナワバリバトル

最古のナワバリバトルミステリーファイル No.04

スプラトゥーンの時代から2000年前、イカは互いの縄張りを固辞する習性を持ち始める。この時既に、ジャッジ君は判定役を担っていた。

およそ2000年前の地層から発見された、最古のナワバリバトルの記録だ。このころ既に、4vs4で行うなど、基本的なルールは確立していたようだ。 – ミステリーファイル No.4

イカとタコの交流

アタリメ司令とタコワサ将軍ミステリーファイル No.15

それから2000年弱の時が過ぎる頃(スプラトゥーンの時代から百数年前)までは、イカとタコの種族間交流もあった。若きアタリメ司令、そしてタコワサ将軍はこの頃からの仲であり、後の大ナワバリバトルまではそれなりの関係を築いていた。

大ナワバリバトル以前は、イカとタコの種族間を超えた交流もあったようだ。さらなる海面上昇により狭くなったナワバリを奪い合う事になろうとは、この若者たちにも想像できなかったことであろう。 – ミステリーファイル No.15

大ナワバリバトル開戦

スプラトゥーンの時代から100年前、さらなる海面上昇の影響でより狭くなっていくナワバリを求めて、イカとタコの間で「大ナワバリバトルが開戦」このバトルは1年間ものあいだ続いた。緒戦は、勤勉なタコ陣営が飾る。タコ達は自らを祝い、仕留めたイカの魚拓を取った。

イカ魚拓ミステリーファイル No.12

大ナワバリバトルの緒戦は、タコ陣営の勝利となる。勤勉なタコ陣営は、朝早く起きれなかったイカ陣営を難なく制圧。イカの享楽的な性分は、100年前も同じだった。ミステリーファイルNo.12

タコと技術

戦略タコツボ兵器ミステリーファイル No.13

タコ陣営はその知能を使って「戦略タコツボ兵器」を開発・実践投入。勝利一歩手前までにじり寄ったが、コンセントが抜けて無用の長物と化す。タコの技術力の背景には、人間の残した知識が役立っているようだ。

アゲアゲの爆音と共に現れた「戦略タコツボ兵器」はイカの本陣まで一気に進行。勝利の一歩手前までにじり寄ったものの、コンセントが外れるアクシデントで悲しき無用の長物と化す。ミステリーファイルNo.13

旧カラストンビ隊

カラストンビ隊ミステリーファイル No.15

大ナワバリバトルでは、若き頃のアタリメ司令、ブキチの祖父(カンブリヤ・ブキノサイ)、イカ2名による伝説の部隊「カラストンビ隊」が活躍。ジャッジ君も加勢していたのかは定かでは無い。

アタリメ司令が持っている竹筒の水鉄砲は、当時の対タコ用ブキであり、後のオオナワバリバトルでは皆がこれを同じモデルを使用した。
ちなみに、タコツボバレーにいる年老いたアタリメ司令の胸には4つの勲章が見られることから、当時はかなり活躍したことが伺える。

アタリメ司令

ブキノサイの残した対タコ用ブキの設計図を元に、孫のブキチがブキを作っている。カンブリアームズという店名はブキノサイのファーストネームからとったものだと思われる。ブキチがつけているゴーグルは、祖父の形見かもしれない。

イカ陣営の勝利

大ナワバリバトル終戦ミステリーファイル No.14

1年ものあいだ続いた大ナワバリバトルは、イカ陣営の勝利で幕を下ろす。勝敗を判断したのは、もちろんジャッジ君だったようだ。

勝利の女神は、イカ陣営に微笑むことになった。最後の決め手は、足の数というのが最近の定説である。 – ミステリーファイル No.14

そして終戦とほぼ同時に、ハイカラシティに巻き付いているあのオオデンチナマズが誕生する。

オオデンチナマズミステリーファイル No.01

ナマズは古来よりエネルギー源として重宝されてきた。ハイカラシティの電力供給も、御年100歳のオオデンチナマズによるものだ。No.01

イカ時代到来

大ナワバリバトルを制し、タコ達を地下に追いやったイカ陣営は、地上に繁栄する。旧時代の生き物「ヒト」の文化をなぞるような文化を発展させ、ナワバリバトルはある種スポーツのような存在にまで昇華された。

シオカラ節ミステリーファイル No.17

その後シオカラ地方では「豊漁の祝いと、さらなる海への畏れを唄った」シオカラ節が発祥。
後に、アタリメ司令の孫娘であるホタルとアオリが、ちびっこ民謡選手権でこれを歌い、優勝。それによって、シオカラ節が全イカのDNAに刷り込まれる。

シオカラ地方発祥のシオカラ節。全イカのDNAに刷り込まれているといっても過言ではない。もともとは豊漁の祝いと母なる海への畏れを唄ったものである

ホタルとアオリは、出身地の名前をとり、ユニット名をシオカラーズと命名し、活動開始。
イカ達の間でトップアイドルとなる。

タコの地下生活開始

タコの地下生活ミステリーファイル No.02

大ナワバリバトルに敗北したタコは、活動場所を地下に移す。ドーム状のコミューンをいくつも形成し、ドーム間はヤカン型の転送装置で移動するようになる。(このドームが、ヒーローモードの舞台である)

「わしらオクタリアンのせかいは ちかにあるんじゃ どうくつどうしは ヤカンの “てんそうそうち” で いききするんじゃよ」
「へえ~ ボクたちの すんでいるとこは こうなっていたんだね!」

オクタリアン、電力不足到来

タコの電力不足ミステリーファイル No.06

ヤカン転送装置などの多くのマシンによって、オクタリアンの世界が電力不足に陥る。
エネルギー省がさらなる電力不足が予想される事を発表。地下ドームの老巧化も深刻で、市民生活はさらに厳しくなっていった。

芸術家タコランジェロが絵画「失楽園」を発表。敗戦の記憶やイカへの恨みの念が読み取れる。

失楽園ミステリーファイル No.08

タコワサ将軍の逆襲

大ナワバリバトルから100年が経ち、オクタリアンの存在をダレも信じなくなった頃。タコの存在を知るほぼ唯一の存在であるアタリメ司令はNew!カラストンビ隊を結成。アタリメ司令本人に加え、孫娘でありシオカラーズであるホタルとアオリを隊員に任命し、ハイカラシティー地下「タコツボバレー」で、タコ達を警戒していた。

タコワサ将軍

そして、ついに限界が近づいたタコ達は、タコワサ将軍とともに逆襲を開始。ハイカラシティの電力の源であるオオデンチナマズとデンチナマズを奪取、地下世界に逃げ込む。(皮肉にも、ハイカラシティにダメージは無かった)

オオデンチナマズの誘拐と、プレイヤーの訪れが同時だった事をいいことにに、アタリメ将軍はプレイヤーを「New!カラストンビ隊」の隊員3号に任命。デンチナマズの奪還と、タコワサ将軍の退治を依頼する。

この時、奇しくも旧カラストンビ対の隊員数と同じ4人が、「New!カラストンビ隊」としてタコ陣営に立ち向かうことになる。

そして、ヒーローモードへ…

フェスとカミ様

カミ様

イカ達が「カミ様」と拝めるFAX機については、ゲーム内ではほぼヒントが与えられていません。
が、マイナビニュースさんによるインタビューにおいて、製作陣のお二方がこう発言しています。

井上 : イカたちが暮らしている1万2000年後の世界に、これまでのフェスのお題になった「午後の紅茶」や「赤いきつね」と「緑のたぬき」はないんですけれど、今の世界で発信した電波がゆっくりと跳ね返ってきて、6000光年くらい向こうに行ってから、跳ね返ってきて受信したみたいなイメージです。

野上 : ボイジャーみたいな探査機のなかに発信器が積まれていて、地球からはどんどん遠ざかって行っているんですけど、そこからちょっとずつ電波が飛んできて、「ミルクティーとレモンティー、どっちが好き?」みたいな、しょうもない質問が送られてくる。イカたちはよくわかってないけれど、聞かれたからには何となく答えておこう…みたいな感じで、フェスに参加しているんだと思います。

こうやってインタビューでさらっとファンが気になる設定を喋っちゃうんだからぁ〜もう〜。
ま、深く考えてはいないんでしょうけど!

まだまだ謎は多い…

ミステリーファイルをまとめると上記のような歴史になるかと思いますが、ジャッジ君の寿命などまだまだ判明していない謎は多いです。考察してみたいんですが、情報が無さ過ぎて単なる妄想になってしまいそうだったので自重しました。

それにしても、やっぱり魅力的な世界ですねー!ストーリーをデモシーンとかでダラダラ流すんじゃなく、こういう資料的なのでサラッと小出しにしてくる感じスマートで好きです。

今後も大型アップデートや公式ツイッターなどで、考察の材料になる要素が追加・発表されるかもしれないので、要チェックですね!

スプラトゥーン公式Twitter